青山健一展/ペタペタ



会場:EARTH+GALLERY
会期:2017 年 7 月 8 日 ( 土 ) - 7 月 23 日 ( 日 )
休廊:月曜日
時間:11:00 - 19:00(イベントは 22:00 まで)
住所:〒135-0042 東京都江東区木場 3-18-17
TEL:03-3630-1655
URL:http://earth-plus.net

【関連イベント】
・7 月 8 日 ( 土 ) 18:00 - 21:00 オープニングレセプション 
・7 月 16 日 ( 日 ) The Space Baa LIVE/出演:不破大輔、辰巳光英、jimanica
・7 月 22 日 ( 土 ) 山フーズ × 青山健一 ワークショップ



絵を描きながら、この絵がどのような壁に設置されるのか?をイメージすることがある。
さらに、絵を設置された壁は、どのような建物の壁なのか、その建物はどのような地域に
建っていて、その地域はどのような国の〜と続く。
最終的に、この絵はどのような宇宙に設置されるのか?に行き着く。
なるほど、描き始めてしまった絵は、望まずともこの世界を構成
するひとつの部品になるというわけだ。
自分の手によって作られる世界の部品。それをより深く知るため、
一筆ごとに撮影し、ストップモーションアニメーションを作った。
すると絵の表層には現れない色やカタチの衝突が記録されていて、それは大袈裟に言うと
火山の噴火で隆起した岩が山になったり、溶け出した氷が海面を上昇させて大地を沈めたり
するように見えた。絵の下には、また別の世界が層になって記録されていた。
ふと、完成した絵にガイコツのステッカーを貼ると、大地の表層アスファルトの上を
ヒョロヒョロ歩く自分のようだった。
青山健一



《プレスリリース》
世界を股にかけるフリージャズオーケストラ「渋さ知らズ」のメンバーであり、
舞台美術家としても活躍する画家・青山健一。
TRAUMARIS は通称・アオケンこと青山の、2011 年、2013 年に続く3回目の
個展を企画いたします。
会期中は、元・舞踏家のフードアーティスト・山フーズとともに独創的な料理の
ワークショップが開催されます。
また今回も、渋さ知らズオーケストラきっての気っぷのいい男たちが、アオケンの
絵の世界に引き寄せられたライヴパフォーマンスを予定しています。

政治を信じる人々は
神を信じる人々に似ている。
かれらは曲ったストローで風を吸っている。
『ブコウスキー詩集』より

2011 年は、震災後の不安と憤懣の日々、なぜか心に響いた酔いどれ詩人
チャールズ・ブコウスキーのぶっきらぼうでやけっぱちな言葉を、絵画の展示に
織り込むことを試みた。
2013 年は、作家の分身ともいえるガイコツが、清々しいほど荒涼とした風景に
「ポツネン」と立ち尽くし、その無欲な空洞感に訪れる人を迎え入れた。
そして 2017 年、彼は相も変わらず毎日絵を描き続け、音楽やダンスの朋友たちと
舞台を創作している。
本展では、画家の発想は、この世界を構成するひとつの部品であるともいえる自身の
絵画から出発し、果てしなくマクロに膨張していった。絵画の成り立ちを知るため、
一筆ごとに描く過程を撮影するストップモーションアニメーションを制作。
そこから、ペタペタと塗っては貼る絵の具とステッカー(のガイコツ)が織りなすレイヤー
、ひいては世界の表層と深層との関係性にまで想像を広げながら、あくまで創作の基点は
説明不要の現在地に立脚する。
かけひきのないこの正直さこそ、青山独自の制作態度といえるだろう。
ここで企画者はあえて曲解して、ふたたびブコウスキーの言葉に立ち返る。

政治を信じる人々は
神を信じる人々に似ている。
かれらは曲ったストローで風を吸っている。
『ブコウスキー詩集』より

世界の表層から深層へと風が吹き抜けるとき、政治や規制といった後付けの通路は、
時として流れを変え、実相を歪曲させる。表層からは見えない、世界を構成する
部品のひとつひとつに、その風は届かない。アスファルトの上でいくら足腰を鍛えたと
しても、世界は息のしづらいままだ。いまここに風が通りぬける精神の空洞が必要なのだ。

住吉 智恵 Chie Sumiyoshi
TRAUMARIS アートプロデューサー・ライター

■展示に関するお問い合わせ■
EARTH+GALLERY 〒135-0042 東京都江東区木場 3-18-17
tel:03-3630-1655 mail:info@earth-plus.net
URL:http://earth-plus.net
担当:佐藤

| スケジュール | 11:30 | - | - |

遅くなりましたが

2017.jpg

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
と言ってももう1月18日。
2016年の12月〜2017年1月は舞台やライブ、展示を振り返る時間
も相まって頭の中を整理しながら仕事をするのに一杯でした。
お陰様ですべて無事終わりました。

しかし来月も演出家スズキ拓朗氏との仕事で舞台映像や韓国での作品作り
など山積みなのでホッともしていられない。
今年も色んな場所で、色んな仕事で皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

おしまい。
| 雑記 | 12:10 | - | - |

2016年11月の予定



【個展】
青山健一展/PAINTING TIME
2016年11月11日(金)〜11月20日(日)※15日(火)休廊
11:30〜19:00
下北沢ギャラリーHANA
ギャラリーサイト/http://www.g-hana.jp/2016/11/-painting-time.html
地図/https://goo.gl/maps/3tR7P1BYC1x
------------------------------------------------------------------------------------------



【ライブ】
渋さ知らズ
古典の旅シリーズの第2弾”秋のお祭り”

KAAT/神奈川芸術劇場
11月26日(土) 〜11月27日(日) 全2回公演
開演 26日18:00、27日17:00
開場は各開演の30分前より

問合:合同会社SALMONSKY 080-4116-3572(平日11:00~18:00)
主催:渋さ知らズ
制作:SALMONSKY
協力:KAJIMOTO
KAAT/http://www.kaat.jp/d/d/shibusa2016
| スケジュール | 18:12 | - | - |

2016年9月の予定



渋さ知らズ@富山ホットフィールド

2016年9月17日(土)

出演時間等詳細はホットフィールド公式サイトで
ご確認ください。

ホットフィールド公式サイト
http://hotfield.jp/index.html

------------------------------------------------------------------------------------------



nemo旗揚げ公演 『ビーーーム』

2016年
9月24日(土)14:00/19:00
9月25日(日)15:00

※開場は開演30分前です。
※高校生以下、障碍者手帳をお持ちの方無料

前売 3500円
当日 3800円

長谷川宝子/松原東洋/吉田省念/青山健一

エンジニア:尾之内和之
照明:筆谷亮也
衣装:西岡七歩子
撮影スチール:前澤秀登
映像撮影:岩井雅治
協力/渋さ知らズ、劇団風煉ダンス、宝山カンパニイ、舞踏団トンデ空静

特設サイト
http://hasegawatakako.com/nemo/index.html


| スケジュール | 15:11 | - | - |

スペースバーツアー終了



広島、京都、大阪、名古屋をまわるスペースバーツアー大盛況のうちに終了しました。いや〜すごく楽しかった。
ライブでは瞬間瞬間にたくさんの発見をしつつ自由でいられたし、ライブ後は愉快に飲みました。
おかげさまで少しだけ燃え尽き気味ですが、また次のライブまでたくさんアニメーション作ってワクワクしときます。
ご来場いただいた皆様本当にありがとうございました。
youtubeの動画は今回のツアーのために作ったPVです。ぜひご覧くださいませ。
おしまい。
| - | 23:02 | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Categories
New entries
Archives
contact
contact@aoken.info

Link
Others